デジカメ農作業日記 (2009年6月)

2009/06/26

 このところの真夏日で

 田んぼが乾いてきた。

 最後の 大豆の播種作業をする。

 夕方から 仙台で大泉先生の出版記念会。 「日本農業は成長産業に変えられる」 会場で  久し振りに 山下一仁さんと会う事が出来た。

 いまは、農水省を退職し産業経済研究所に戻られ研究を続けているという。
また、角田に来ていただくことを約束する。
 大泉先生の 幅広い人脈に触れる事ができ 有意義な時間をすごす事が出来た。


2009/06/25

 10日の梅雨入り以来 梅雨空が続いていたが23日から夏の 日差しがやってくる。

 24日から大麦の出荷の為の調整作業を始める。
今年の大麦の出来は いい。


 25日と26日の二日連続で最高気温 ナント34度。
25日午後から 大麦の出荷の為 ダンプを運転しながら汗が吹き出てきた。


 一気に真夏がやってきたようだ。


2009/06/19

 夜 農業公社で 農業経営実践塾。 今日の会議には、塾長の宮城大学の大泉先生に来ていただく。  これからの、農業経営のあり方について議論する。 この度、 大泉先生が 「日本農業は成長産業に変えられる」 という本を出版した。 早速 経営塾のテキストとして活用する事にした。 今回の新書は、洋泉社から出版。

 内容説明として

 農業は衰退産業ではない! 国際競争力を持ちうるコメの可能性を狭めているのは、減反や高額関税などの 米価維持政策である。 政治力を駆使する農協、「票と俵」のバーター取引を持ちかける族議員が「民生(社会保障) 米価」を守ってきたために、日本農業は停滞させられた。 意欲ある者に参入機会を開けば、農業は必ず活性化する。 障壁となる農地法による規制も、今後緩和されていく。 今こそ日本農業が世界に打って出るチャンスなのだ・・・・・ 以上。
2009年6月8日 発売


2009/06/17

 例年、梅雨入り宣言が出ても、空梅雨の天気が続くものだが 今年は違う。 梅雨入り宣言が出される同時に 本格的な梅雨空が続く。

 毎日が曇天。 まとまった雨は、降らないものの霧雨、小雨がパラツク天気が続く。 少しの晴れ間を見計らって 大豆の播種作業を続ける。


2009/06/12〜

 10日に今年の梅雨入り宣言が出る。

 大豆と大麦の二毛作をしている関係で、大麦収穫後早速 大豆の播種作業にとりかかる。

 元肥の散布。耕うん作業そして播種作業。最後に除草剤散布。 晴天が続くのであれば、計画的な作業が可能だ。

 しかし、梅雨時と重なり お天気さまを気にしながらの作業の連続。 少しの晴れ間を見定めて 作業を進めなければならない。

 夜明けを待って作業始め、夜 暗くなってからも播種作業は続く。 毎日が目が回るような作業が続くが、9ヘクタールの大麦・大豆の二毛作を可能にするにはショウガナイ。

 3台のトラクターを妻、82歳の親父さんそして私の3人で フル運転して作業を進める。


2009/06/08〜09

 8日から麦刈り開始。 9日は 朝から快晴。 絶好の麦刈り日和。  麦刈り風景は、毎年 NHK地域ニュースで取り上げてもらっています。 今年も取材に来ていただき、早速地域ニュースで放送されました。

 今年の麦は、生育が早くすでに 刈り取り適期を向かえ もう一雨降れば、品質が悪くなる恐れが大です。 明後日には、雨の予報。 明日には 麦刈りを終えたいものだ。 3日間で8ヘクタールの収穫作業完了。

 例年になく、生育が早く。しかも、圃場で乾燥し 乾燥時間も 大幅に短縮。 燃料代も 大幅に節約できます。  夜 雨が降り出す。 作業が終わるのを 待っていたかのようだ。


2009/06/06〜07

 東京恵比寿三越で・お米の販売促進活動をしてくる。 恵比寿三越は、三越のなかでも高額所得者のお客さんが多いという。

 昨年から お米でお世話になっている やまだや本店さんが出店して以来、あぶくま農学校ブランドのお米も販売していただいている。 角田市農業振興公社職員の手伝いをもらい、角田市の宣伝とあぶくま農学校の紹介も兼ね販売活動をしてくる。

 これまで、 何度か販促を経験したが、 恵比寿三越は これまた お客さんの層が なんとなく違う。 デパチカだが、大きな声を出して 販売している店員は 殆どなし。

 ご飯を炊いて 試食をしたが 食いつきが イマイチ。 気取っているお客さんが多いのか・・・な。

 その中で イラッシャイマセ・ 日本のコメどころ 宮城県角田市の 美味しい あぶくま農学校のお米はいかがですか〜〜〜 という 連呼してきた。

 せめて、 米どころ宮城県角田市の名前と あぶくま農学校の 名前ぐらいは 知ってもらいたいという 思いで 販促してくる。


2009/06/04

 大麦を作付けしない1ヘクタールの 畑に大豆の種蒔きをしました。 あとは、大麦を収穫してからの二毛作。 6日には、大麦の収穫を始めようと思いましたが、あいにくの 雨。 お天気が回復するのを 待つだけ。 大麦の収穫が 無事終わりますように。 ひたすらお天気さまに お祈りするだけです。 これも、百姓の宿命。


2009/06/02

 季節は、麦秋。

 麦の生育は、例年よりも一週間程 早まっています。

 初夏を感じる 季節。 きれいな 田園風景が広がっています。

 麦の収穫、そして 大豆の播種作業。

 全ては天候次第の 農作業。

 うっとり 景色を眺める時も 今の時期だけ。

 大麦の収穫作業、大豆の播種作業が 終わるまで お天気さまとニラメッコの 農作業が続きます。