デジカメ農作業日記 (2003年10月)

2003/10/31
 朝5時。まだ辺りは薄暗く、播種作業は出来ません。
 雲ひとつない 快晴の朝です。


 日の出直前が 一番気温が下がります。


 霜が薄っすらと 降ってきました。


 明るくなってくると同時に モヤがかかってきました。
 日の出ころは、明るくなってます。


 日中は、10時半頃から夕暮れまで、コンバインによる大豆の収穫。


 早朝から夜9時過ぎまで、大麦の播種作業。


 来年の収穫に期待をこめて、少しでも早く大麦の播種作業を急がなくてはなりません。 朝日に映え 蔵王の山々も美しく輝いていました。

 大麦の種です。
 来年こそ、良い実りの年でありますように。
 祈りを込めて寝るのもおしんで、作業を急いでいます。


2003/10/26
 昨日より大豆コンバインによる大豆の収穫作業を始めました。


 今日は、朝から快晴。
 生育が遅れた分 刈り取りには少し早めですが、昼から生育の進んだところから刈取り作業をしました。


 このところの、天気で急激に乾燥してきました。
二条刈り大豆専用コンバインです。30アールの畑を1時間余りで刈り取ります。


 今日一日、雲ひとつない快晴。
綺麗な夕日が観られました。


 夕焼けの時間もイットキ。たちまち暗くなります。

2003/10/25
 今日は、角田市消防団秋季消防演習。


 朝7時。我が家の直ぐそばにある火のみヤグラに登り、消防演習を知らせる半鐘の打鐘をしました。


 カ〜〜〜ン・カンカンカン。カ〜〜〜〜ン・カンカンカン。♪♪♪♪♪♪♪♪♪・・・。


 後、数年で消防ポンプ小屋の移転に伴い火のみヤグラもなくなる予定です。
それに、伴い半鐘もなくなりサイレンに変わるでしょう。


 火のみヤグラからは、360度のパノラマが広がります。


 平成15年10月25日。晩秋の我が集落の景色です。 あらためて、田んぼの中にある集落なのだと実感。


火のみヤグラから見るこの景色も 後何年見られるのでしょうか。


 夕方、大豆畑の取り作業後、久しぶりにきれいな夕焼けが見られました。

 明日から、大豆の刈り取り作業をする予定です。


 天気が続いて欲しいものです。

2003/10/20
 今朝は、この秋 一番の寒さ。
初霜が降りました。
籾殻の表面が真っ白になしました。
籾殻の量も例年の半分です。


 今朝は、濃い霧につつまれました。
日の出と共に 霧が晴れてきます。


 秋の真っ最中。遠くに見える蔵王の山々は、山全体が赤く染まりました。
これから、里の木々も色付いてきます。


夕暮れ時が、いっそう寂しく感じる季節がやってきます。

2003/10/19
 今日は、朝から快晴。
 地域の運動会がありました。


 運動会のプログラムから、徒競走に類する競技がなくなり、全てゲーム感覚の団体競技でした。
 世の中、変わりましたね。


 夕方、大豆畑の除草作業をしました。
 生育が遅れていると思っていましたが、この天気で急激に乾燥してきました。
 この分だと、あと一週間でコンバインによる刈り取り作業が出来そうです。


 久しぶりに、キレイナ夕日を眺めることが出来ました。

2003/10/16
 今日は、朝から快晴、「あぶくま農学校」主催。
東京目黒区緑ヶ丘小学校と我が母校 北郷小学校の合同稲刈り。


 今年の、冷害の中 見事に実りました。


 校長の佐藤市長さん、副校長の遠藤教育長さんも参加。
 マスコミの皆さんも 数社取材にやってきました。


 昨日の雨は、ウソのよう。蔵王の山々もこんなに綺麗に見えるのは久しぶりです。


 東京目黒区の小学校と稲を通しての交流は、私が農協青年部の委員長をしていた時からです。


 あれから、10数年。農協青年部を中心とする、たくさんの角田の若き百姓の思いを繋げて今日のこんなに盛大な稲刈りになりました。
広い田んぼですが、こんなにたくさんの子供達が勢ぞろいすると、感激ものです。


 地元のボランティアのお母さんたち、北郷公民館の皆さん、角田市内の農業関係機関の皆さん、そして、事務局の角田市農業振興公社の職員の皆さん、ご苦労様でした。


2003/10/13
 昨日今日と二日続けて 雨降りとなりました。
夕方 きれいな青空が広がりました。
日の沈む時間が、大分 早くなりました。


 日の入りは、夕方5時5分とか。
県北へ稲刈り予定でしたが、この雨で延期。
明日は、出来るでしょうか。


2003/10/10
 コンバインの刈り刃に、衝撃があり 刈り刃と刈り刃を動かす
クランク軸が折れてしまいました。


 今のコンバインは、高速で刈り取ります。
 10アール当たり15分程度で刈り取ってしまいます。
 以前のコンバインとは、刈り取りスピードが全然ちがいます。


 田んぼの中に、障害物があるとマトモに噛んでしまいます。
 刈り取り中は、細心の注意を払っているのですが事故は 起こってしまいます。


 殆どの修理は、自分で直します。
 今回は、部品の手配にと間取り、修理に時間がかかってしまいました。


2003/10/08
 昨日(7日)から今日(8日)までの2日間 地元の北角田中学校2年生の
地域産業体験学習で 6人の生徒さんが我が家にやって来ました。


 男3人・女3人の元気な生徒さんたちです。
 仕事は、米の発送作業を2日間にわたりやってもらいました。


 中学生となるとなかなか、頼もしくなります。
 20キロの袋も軽々にもちあげます。


 箱詰作業も手際よく上手に出来ました。


 新米の発送作業がたくさん貯まっていましたが、二日間で アットいう間に終わらせてもらいました。
 朝9時〜午後2時まで、大変ご苦労様でした。大助かりです。


 お昼は、皆で外でご飯を食べました。


 外で食べるご飯は、美味しいですよね。

2003/10/06
 今日も一日 稲刈り作業。
 午後、地元の小学校5年生が稲刈り作業の田んぼへやってきました。


 何かグループ課題があるらしく、質問事項を用意してやってきました。
 今年の冷害に関する質問でした。


 勉強が終わって、お母さんに一服をもらって 大喜び。


 コンバイン作業ももう少しと言うところで、雲行きが怪しくなってきました。
何とか、雨は降りませんでしたが、今度はコンバインがトラブル。


2003/10/04
 地域的には、稲刈り作業は7割が終わりました。
明日にかけて、稲刈り作業は一気に進むと思われます。


 今日は、通り雨がありましたが毎日が稲刈り日和です。
我が家で、今年最高の出来の田んぼです。


 品種は、「ひとめぼれ」。刈り取ってみて、例年と遜色ないモミの量でした。


 毎日、夕日が観られるようになりました。
蔵王も、きれいに見えました。


2003/10/03
 ササニシキの刈り取りです。
我が家のササニシキの田んぼのなかでも、深水管理が理想的に出来た田んぼです。


 不稔は、きわめて少ないです。この地域では、ササニシキとしては最高の出来でしょう。

2003/10/02
 我が家の ササニシキの田んぼです。
明日 刈り取り予定。


 10月に入り、やっと天気が続くようになりました。


 この天気、せめてお盆過ぎにあれば良かったのに。

2003/10/01
 朝から快晴の予感。
久しぶりに綺麗な朝日が見えました。


 朝起きるとまだ日の出前。
東の空を 見ると綺麗なピンクに染まっています。


 急いで田んぼへ直行。
やっと、天気が続くような気配を感じた、10月のはじめの朝でした。


今日、午後から 農水省・市川副大臣が視察にやってきました。
 地元出身の副大臣さんです。
本省から幹部職員も同行。
 県からも鈴木農水局長以下、たくさんの職員も同行。
 鈴木局長さん今日は、ご苦労様でした。大変な時期の局長職 よろしくお願いします。


 地元からは、佐藤市長さんを始め 農業関係機関の親分さんたちが お出迎え。


 サスガハ、オライの佐藤市長さん。挨拶が済んですぐ、副大臣 先ずは、田んぼの中へ入って見てけライン。
 とすかさず副大臣と田んぼの中へ入って 直接説明。

 ちなみに、田んぼは 我が家の「ささにしき」でした。私も市長の許しを得て、副大臣に直接 冷害救済のお願いをしました。